マルチプルリスクファクター症候群

マルチプルリスクファクター症候群とは、1989年にアメリカで提唱された概念です。メタボリックシンドロームの概念のいわば前身で、上半身肥満・糖代謝異常(糖尿病)・高中性脂肪血症(高脂血症)・高血圧のそれぞれ4種類のリスク因子が合併した状態を指します。心血管疾患が発症するには、この肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧などの危険因子があります。これら各々の危険因子は単体の場合軽症の場合が多いのですが、一人に重複して発症することによって、心血管疾患の発症率が倍増されます。

その歴史は、遡る事1989年にアメリカの研究者カプラン(Kaplan NM)によって提唱され、冠動脈疾患による死亡率が高く、まさに死の序曲を奏でるという意味合いから「死の四重奏(The Deadly Quartet)」と呼ばれました。マルチプルリスクファクター症候群は、この「死の四重奏」と、「微小血管狭心症(シンドロームX)」、「インスリン抵抗性症候群」という過去の学説に基づいて体系化されてきました。

 

メタボリックシンドロームへ

最近ではこのマルチプルリスクファクター症候群は、「メタボリックシンドローム」と呼ばれています。メタボリックシンドロームは、この死の四重奏をはじめシンドロームX・インスリン抵抗性症候群・マルチプルリスクファクター症候群などの一連の概念を最終的に整理したものといえます。厚生労働省では日本人のメタボリックシンドローム標準的な診断基準、予防のためのガイドラインを発表しております。※1

また、メタボリックシンドロームは統計学的調査に基づき診断基準が設けられており、下記の測定値が診断基準となります。※2

 

測定法

1)ウエスト周囲を測定することで、内臓脂肪の状態が判ります。

ウェスト周囲 男性85cm以上、女性90cm以上

 

2)上記に該当し、更に次の項目に該当する場合は、メタボリックシンドロームです。

中性脂肪値:150mg/dL<

血圧:拡張期85mmHg<, 収縮期130mmHg<

空腹時血糖値:110mg/dL<

 

4つのリスク因子の予防が必要

アテローム性動脈硬化を原因とした冠動脈疾患,脳血管障害が増加している現在,その発症をいかに減らし,予防するかが重要な課題となっています。これまでの大規模臨床試験でLDLコレステロール(LDL-C)の低下治療が動脈硬化性疾患の予防,死亡の抑制につながることが証明され,現在ではLDL-C は動脈硬化性疾患の危険因子として一般的に知られるものとなりました。しかし、極端にLDL-Cを下げればいいというものでなく、比率としてLDL-C値を下げていき理想的な状態に持っていくということが一番重要です。

では、理想的な比率値にするにはどうすればいいでしょうか。つまり、食事、運動習慣のお勧めの改善法が挙げられます。また、LDL-Cを理想的な比率の値まで下げてくれる成分が世界で研究されており、容易に入手できるようになっています。これらの改善法により上記4つのリスクが減少し、アテローム性動脈硬化を原因とした冠動脈疾患,脳血管障害を予防できます。

 

参考

1)標準的な健診・保健指導プログラム

https://www.city.kaminoyama.yamagata.jp/uploaded/attachment/12227.pdf

2)内臓脂肪型肥満を基盤とした動脈硬化性疾患のマルチプルリスクファクター症候群「メタボリックシンドローム」の診断基準が設定される | 生活習慣病の調査・統計 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 (seikatsusyukanbyo.com)